TEL

076-264-0100

平日 9:00~12:00、14:30~18:00

木・土 9:00~12:00 日祝休み

  • 胃腸科
  • 内科
  • 外科
  • 肛門科
     · 

    悪魔の証明を求められたら

    こんにちは。ドクターカズです。

     

    石川県にインフルエンザ注意報が発令されました。

    熱が出た、身体がだるい、周りにインフルの人がいる、もしかして!…と、来院される患者さんが爆発的に増えています。

     

    先日、20代の男性が受診されました。

     

    数日前から咳や鼻水の症状に加え、高熱が出てきたために、インフルエンザの検査を希望。

    結果は陰性でしたが、インフルエンザの可能性は残っているため、解熱剤を処方して、その日は自宅で様子を見るよう説明しました。

     

    翌日に再診。

    熱はまだあるが、だいぶ楽になったとのこと。

    仕事に行きたいので、『インフルエンザではない』という診断書を書いて欲しいと仰います。

     

    その方は飲食店にお勤めで、ただでさえ人手不足で忙しいこの時期に、同僚たちに迷惑をかけたくないのでしょう。

    事情はよ~く分かります。

    でも、「インフルエンザではない」という診断書は、ドクターカズにはちと難しい…。

     

    「悪魔の証明」をご存知ですか?

    「ある事実や現象が、全くない」と証明するのは、困難であることの例えです。

     

    例えば、「日本に河童はいる」とういうことを証明するには、河童を一匹捕まえてくれば、誰でも納得しますよね。

    では、「日本に河童はいない」と証明するのは、どうでしょうか?

     

    「河童なんて、ただの伝説に過ぎないだろう」と言われるかもしれませんが、それは科学的ではありません。

    心から河童の存在を信じている人たちは、上高地の梓川や岩手県遠野市の「カッパ淵」を大規模捜索しただけでは、承服しません。

     

    万人を納得させるためには、日本全国すべての河川・湖沼の水底や、ありとあらゆる草むら・岩の裏側まで調べ上げなければならないため、事実上不可能なのです。

     

    あたかも、悪魔が出した証明不可能な意地悪問題、これを悪魔の証明と呼びます。

     

    話をインフルエンザに戻しましょう。

    現在、インフルエンザの診断に使っている検査キットは、100パーセント完全ではありません。

    数パーセントの割合で偽陰性(インフルエンザに罹っているのに陰性に出る)になることも。

    検査のタイミングや検体の採取の仕方で、たまたま陰性に出ることもあります。

     

    その患者さんには、「検査結果は陰性でも、インフルエンザは完全に否定できません。

    仕事に行かせてあげたいのはやまやまですが、お店のことを思うなら、大事をとって休んだ方がいいですよ。」とお話ししました。

     

    患者さんの頼みなら、たいていのことは引き受けるドクターカズですが、どうしてもお受けできないこともあります。

    特に「悪魔の証明」にかかわるような難題は、ご容赦くださいませ。

     

    ブログランキングに参加しています。 

    ↓「金沢情報」のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入り、更新の励みになります。

    応援よろしくお願いいたします。